バイクライディングテクニックについて

バイクに乗るならカッコよく速く走りたいと思うものです。
しかし、誰だって最初から上手くいくわけではありません。

ライディングテクニックを学び、身に付け、経験を増やしていくことが大事です。
また、バイクの種類、自分のスタイルなどによって、身に付けるべき
ライディングテクニックも変わってきますので、注意が必要です。

ツーリングや街乗り主体ならシティランタイプ、サーキットや峠を走るならスピードタイプ、
そして両タイプに共通するテクニックが、ライディングテクニックにはあります。

基本となるのは、両タイプ共通のライディングテクニックです。
バイクはその重量や構造に慣れるまで、緊張に強いられてしまうことがあります。

初心者はコーナーや交差点が怖くなったりするケースですね。
また、バイクで転倒することへの恐怖もあるでしょう。

が、ライディングテクニックを学ぶには、緊張しないことと、怖いからやらない、
という気持ちをなくすことが大事です。

つまり、心に余裕とやる気を満たすというわけです。

特にハーレーやアメリカンバイクのような大型のバイクに乗る時には、
心に余裕を持つ事が大事です。

バイクに乗る際は、パニックにならないことが事故防止の大きな抑止になります。
ブレーキングをマスターすると、安全マージンもでき、
自然と速く走るライディングテクニックが身に付きます。


トップページに戻る>


ライディングテクニックが重要な理由

バイクに乗るには、ライディングテクニックが重要とされています。

なんとなくバイクに乗っているだけ、運転はできてもライディングテクニックは未熟、
そんな状態では取り返しのつかない重大な事故が起こるかもしれないからです。

例えば、自分の怪我や死亡です。
ライディングテクニックがない本人の自業自得と言えばおしまいですが、
誰だって怪我はしたくないですし、死にたくもないでしょう。

自分の身を守るためという理由でも、ライディングテクニックは大きな影響を持っているのです。
バイクでの死亡事故は単独事故の割合が多いという傾向もあります。

ライディングテクニックが身に付いていないとそれだけ危険も高いというわけです。
また、周りの人を巻き込んで被害を振りまいてしまうことも当然考えられます。

車相手ならバイクの方が被害を受けやすいですが、自転車や歩行者相手では、バイクが加害者になります。
相手に怪我をさせてしまえば、双方共に今後の人生に大きな害となるでしょう。

カッコよくバイクに乗りたいと思うなら、他人に迷惑をかけるのは言語道断です。
安全に気持ちよくバイクに乗るという理由のために、ライディングテクニックは重要なのです。


トップページに戻る>

バイクの安全な運転の方法

二輪車は機動性に富んでいますが、車のあいだをぬって走ったり、
ジクザグ運転や無理な追い越しや割り込みをしてはいけません。

そのようなバイクの運転は極めて危険であるばかりでなく、
周囲の運転者にも不安を与えてしまいます。

車やバイクに乗るときには、車間距離や側方間隔を十分に保ちましょう。
交通渋滞の時などには、前の車に乗っている人が急にドアを開けたり、
歩行者が車のあいだから飛び出してくる場合もあるので注意しましょう。

また、下駄やサンダルなどをはいてバイクの運転をすると、
ギアのチェンジがうまく出来ずに危険ですので
そのような運転の妨げになるものをはいてバイクに乗ってはいけません。


バイクの正しい乗り方について

次の点に注意し、運転しやすい正しい乗車姿勢をとりましょう。
バイクライディング
(1)ステップに土踏まずを載せて、足の裏がほぼ水平になるようにする。

(2)手首を下げて、ハンドルを前に押すような気持ちで、軽くグリップを持つ。

(3)肩の力を抜き、肘をわずかに曲げる。

(4)背筋を伸ばし、視線を先の方に向ける。



カーブでの運転方法

(1)カーブの手前の直線部分で、あらかじめ十分に速度を落とすようにしましょう。
また、カーブでは曲がる際に右側にはみ出さないようにしましょう。

(2)曲がるときはハンドルを切るのではなく、車体を傾けることで
自然に曲がるような要領で曲がるようにしましょう。

(3)カーブの途中では、スロットルで速度を加減するようにしましょう。
クラッチを切らないで、常に車輪にエンジンの力をかけておき、
カーブの後半で前方の安全を確認してから、やや加速するようにしましょう。

バイクの交通事故を防止する!

バイクの運転では視野が狭くなり、安全確認が甘くなりがち

道路の石ころ1つでも、ハンドルを取られて転倒する危険があるバイク(自動2輪、原動機付自転車)は、
目前の路面に視線を向けて運転することが多く、その結果、視野が狭くなり、
周囲の安全を確認する時間も短いという特性があります。

そのためか、二輪車事故のうち、他車の見落としや発見遅れによるとみられる(出合い頭)と
(右・右折時)の事故が半分以上を占める、死亡事故に限ると、(出会い頭)のほか、
転倒などによる車両単独の事故が多くなっています。

バイクは形状が小さいため、他社のドライバーに見落とされやすい

二輪車は四輪自動車にに比べて、その形状が小さいため、4輪自動車の影や死角に入りやすく、
発見の遅れや見落としを招きやすいという危険な特性があります。

また、4輪自動車のドライバーが、進行してくる二輪車の存在をはっきりと認めていながら、
バイクとの距離やその速度を過小評価して事故に至ったというケースも見られますが、
これも(形状が小さい)という二輪車の特性が招く危険の1つといえます。

バイクライフの心・技・体・知

バイクを操るのは人です。
人間は考える動物。

無意識のうちに脳が働いてバイクを前進させます。
しかし、愛車の特性や自分のライディングのウィークポイントなどについて
考えながらバイクに乗っている人は多くないように思います。

バイクはライダーの心、技、体、知が連動しあい動いています。
そのどれが欠けても大きくなりすぎても、スムーズに動いてくれません。

特に知ることの重要性は大きいのです。
なぜなら、知こそバイクの進路を決定つける前輪の役目を果たしているからです。


『バイクライフの心について』

ライディング時の平常心は集中力が高まった状態。
まずは心・技・体・知の4つの中で最初に触れておきたいのが心。
心と言うとなんだか説教っぽいなぁなんて思わないで下さいね。

ここで言う心とは古臭い精神論ではありません。
シンプルに平常心のこと。

わかりにくいならリラックスと理解して下さい。
リラックスと言うとソファーでくつろいで精神が弛緩した状態をイメージしやすいが、
ここで言うリラックスは安全で楽しい運転=スポーツに必要な適切な緊張=集中力のこと。

それは自分自身や周囲の状況を読みぬき瞬時に対応する能力なのです。

その能力を発揮するためには腹式呼吸がポイントになります。
腹式呼吸で息をゆっくり吐ききることで実はその後に
新鮮な空気が十分に取り組めて脳が正常に働きます。
脳が正常に働けば、危険の正体が識別できます。

腹式呼吸とは息を吸いながら両肩を大きく上げて一瞬呼吸を止めた後、
両肩を下げながら息を吐ききります。
ゆっくりと息を吐ききるのがポイントです。

根性、度胸、体力で勝負しても呼吸が整っていなければ、
結局は頭脳が働かずに失敗しやすい。
これは全てのスポーツに共通します。

ただし他のスポーツなら多少ミスをしても命に別状がないことが普通だが、
バイクはたったいちどのミスさえ許されないことが多い。

とりわけリスクの高い一般交通でこそ、腹式呼吸によるリラックス=集中力が重要なのです。

要は息をゆっくりと吐きながら、すべての操作を正確に素早く行うこと。
そうすれば危険なのは周囲なのか、自分自身なのか瞬時にわかるようになります。

腹式呼吸と連動して、例えば後輪ブレーキロック練習をやって、なれること。
そうすれば実際にパニックでもリラックスしてペダル解除や
よりシビアなブレーキ操作に集中できるようになります。

リラックスする心を体得するには普段から意識化することが重要になります。

バイクライフの技

テクニックの向上は手段に過ぎない。
技の本質を知る

技を磨く。
いつまでも安全に楽しく、走り続けるためには技=ライディングテクニックが必要です。
「俺はマイペースで走っているし、そんなに飛ばさないから、
別にテクニックなんて必要ない」などと言うライダーもいるようです。

失敗の可能性は山ほどあるのに、気がつこうとしていないのです。
周囲から危険が忍び寄ってるかもしれないのに、それに気がつかない。

何も問題がなく走っていても、自分の悪癖はどんどん肥大化しているかもしれないし、
危険回避能力が低下してるかもしれません。

周囲の車両の時代とともに性能が向上して相対速度が上がってることも
視野に入れていないかもしれません。
あるいは技を磨く処方箋を持たないから、今よりもっと楽しい
ライティングの世界に気づいていないかもしれない。

ではその反対にライディングテクニックを磨けば安全になるか?
というと一概に言えないのが現実です。
磨き方が悪いと自分で自分の体に傷をつけてしまう事になるかもしれません。

例えば急ブレーキの練習をガンガンやって、そのまま公道でブレーキ能力を発揮したら
追突されてしまったという結果になる可能性もあります。

技を磨くときには、何のために、どのような練習すれば合理的なのかを
常に確認しながらやる必要があります。
一本橋を数分もかけて渡るとか、俊敏なスラロームも個人的スポーツとしては
良いのですが、上手くなったと勘違いして公道で危険な走りになる例も少なくないのです。

道に存在しないことを練習するよりも、実際に発生している事故パターンに
揃って練習すること、すぐに役立つことをやるのが先ではないでしょうか。

つまりテクニックは必要だが、テクニック上達中のライダーでも、危険が
どこにあるのかを知って行動すれば安全快適になれるということです。

テクニックを磨いても、テクニックに溺れることがないようにしましょう。

太陽発電